海外 旅暮らし

PT(Permanent Traveler)として海外・国内とわず旅暮らしを実践していきます。

便利な情報 ライフスタイル

バンコクに移住、どこに住む?

投稿日:

バンコクに移住して1年3ヶ月になります。
昨年の8月以来、スクンビット通り沿い、BTSオンヌット駅近くに住んでいます。

ロングステイヤーがバンコクでどこに住んだらいいか?という疑問に対して、僕なりの回答を記事にしたいと思います。

まず結論からズバッと言います。
それは、スクンビットのプラカノン駅近くもしくはオンヌット駅近くです!

1.スクンビット通り沿いであること

やはり日本人にとって、スクンビット界隈は非常に便利だし、会合があるときにはスクンビットに行くことが多いかと思います。
BTSスクンビット線を使うことにより、サイアム・チットロム・アソークの都心エリアに15分ほどで到達できます。
また日本人が便利なプロンポン・トンロー地区にも10分ほどでアクセスできます

2.BTS延伸地区ではないこと

BTSでオンヌットの一つ隣りのバンチャーク駅から先に行く場合には、別会社が運営しているということがあり、15バーツが加算されます。これは意外と大きく、交通費にボディブローのように効いてきます。これはラビットカードの定期券みたいなスマートパスを使っても発生します。ということでBTS沿線に住むには、オンヌットまでの間、シーロム線の場合はウォンウェンヤイ駅までに居住しないと余計なコストがかかってしまいます。

3.大きなスーパーと市場がある

オンヌットにはテスコロータスとBigCがあります。またBigCと通りをはさんでオンヌット市場があって、新鮮な魚・肉や野菜を買うことができます。また駅前のCentury Movie Plazaにはトップスマーケットもあります。また小さなマックスバリュでは餃子の皮を購入しています。プラカノンには大きなスーパーはないもののマクロとマックスバリュがあります。またプラカノン市場があって、規模的にはオンヌット市場よりも商店が多いです。ただしオンヌット市場の方が清潔です。

4.家賃が都心部よりも手頃

都心部から数駅離れるだけで、どんどん家賃や安くなっています。ウドムスックやベーリンなどの延伸地区よりかは高くなりますが、まだまだ手頃な物件が多いと思います。

5.シーロム方面へのアクセスが便利

プロンポンなどに住むと日本大使館やバンコク銀行本店のあるシーロム地区へは、BTSや地下鉄を乗り換えていかなくてはいけませんが、プラカノン・オンヌットからだと、シーロム地区、はてまたホアランポーン駅や中華街へバス一本でアクセスすることができます。

オンヌットからルンピニ・シーロムへは、45・46・507バスで行くことができます。プラカノンからはさらに本数が増えます。ホアランポーン駅や中華街には、507と本数の多い25で行けます。これは時間があるロングステイヤーにとっては地味に便利です。またバスはBTSの半額以下で行くことができるため、交通費の節約にもつながります。

以上のことから、日本人のロングステイヤーにとってベストな居住場所は、プラカノン駅近くもしくはオンヌット駅近くの物件という結論に達しました。住むところを迷っている方のご参考になれば幸いです。

-便利な情報, ライフスタイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

バンコクでの生活がはじまる

8月22日にバンコクに渡航いたしまして、マリオット・スクンビットに1週間滞在しながら、住処を探しました。 日本にいるうちから、バンコクのすずき不動産(別ウインドウで開きます)にコンタクトをとり、住まい …

no image

さくっとシニア海外ボランティアに落選する

先日、シニア海外ボランティアにさくっと応募した記事を書きましたが、その一次選考の結果が発表されました。 僕はタイの食品加工という要請にのみ応募しましたが、残念ながら一次選考者の中には入れませんでした。 …

no image

タイのリタイアメントビザを取得する

海外で長期滞在するためには、ビザが必要です。 日本のパスポートは190カ国でビザ無しか到着時にビザ申請できる世界最強のパスポートで、タイでもビザ無しで30日間滞在することができます。滞在期限までに出国 …

東南アジアで泡盛を作りたい

「ビールに続くセカンドドリンクはないのか?」 東南アジアの国々では、その気候からもビールが美味しく感じられます。しかしその次に続くお酒といえば、ウイスキーの水割り程度しか認知度がなく、しかも多くが輸入 …

タイ移住、そのメリットについて

バンコクに移住して、そろそろ1年になります。 そのタイへのロングステイについての記事を書いてみようと思います。 在留邦人数は7万人を超え、海外移住したい国6年連続第2位のタイ。 物価の安さ、リタイヤメ …

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kaigai55com@gmail.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

178人の購読者に加わりましょう