海外 旅暮らし

PT(Permanent Traveler)として海外・国内とわず旅暮らしを実践していきます。

その他 ライフスタイル

タイを脱出する

投稿日:

3月38日にムアントンタニにてビザ無し滞在を延長してきましたが、先日正式3月26日以降にビザの有効期限が切れた外国人は、延長を申請することなく、7月31日まで滞在できることになりました。延長した滞在期限は5月7日でしたが、自動的に7月末まで滞在できることになりました。

タイでの新型コロナウイルス対策はかなり徹底していて、ショッピングセンターや娯楽施設、持ち帰りを除く飲食店の営業などを禁止しています。おかげで感染者数や死亡者数はかなり抑えられています。またお酒の販売も禁止されていまして、バンコクでは4月10日から20日までの予定だったが、20日になって月末まで延長されました。

渋滞の名所 アソーク交差点

なので、食べ歩きはほとんどせず、友だちにも会わないヒマな生活を送っています。そして非常事態宣言は、5月31日まで延長が決まり、お酒の販売禁止も再度延長されるかもという噂が流れています。タイへの国際線の運行も5月31日まで人道支援や医療のため以外は禁止(タイ発のJAL,ANAは限定的だが飛んでいる)という状況で、楽しいはずだった海外暮らしは実に窮屈なものになっています。またカンボジアも入国できず、いつ引っ越しできるかわかりません。

ソーシャルディスタンスが施された赤バス

住んでいるコンドミニアムは、大家さんに5月末の退去をお願いしています。そこで、一度日本に帰国して態勢を整えようかと考えています。滞在期限を5月7日に延長した際に、抑えで5月7日発のJALのフライトをアラスカ航空のマイレージで予約しておきました。その便は欠航となりましたが、アラスカ航空に電話したところ、5月9日のフライトならば空きがあり、100米ドルのペナルティを払わなくても変更可能ということで、そのフライトに変更しました。

以上のことから、2020年5月にタイを脱出して日本に戻ることにしました。羽田空港に到着した後は、PCR検査を受けて、レンタカーで知人の所有する空き家に向かい、そこで2週間の自己隔離を行います。

バンコクの退去まで10日間、調味料の消費、不用品の処分、引っ越しの準備を開始いたします。またこのブログの名称も「旅暮らし」に変更しようかと思います。

-その他, ライフスタイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

今年もよろしくお願いいたします

2015年になりました。明けましておめでとうございます。 昨年は、アベノミクスの政策、日銀のさらなる金融緩和で円安が進みました。現在は1ドル120円前後ですけど、2015年はもっと円安が進むかもしれま …

no image

2ちゃんねるのスタグフレーション論調が説得力ありすぎ

昨年の10月5日にスレッドがたてられて、匿名のユーザーが日本の未来の経済の危機について淡々と語っています。 その内容がまとめサイトなどに取り上げられていますが、論点を抜粋してみました。 まず、アベノミ …

バンコクのカンボジア大使館でビザを取る

現在、タイへはビザ無しで滞在しています。 8月に入国した際には、なんか来年4月の期限でして、本当か!と期待したのですが、確認したところあっさりと30日間に訂正されました。とほほ。 タイでは、50歳以上 …

no image

タイのリタイアメントビザを取得する

海外で長期滞在するためには、ビザが必要です。 日本のパスポートは190カ国でビザ無しか到着時にビザ申請できる世界最強のパスポートで、タイでもビザ無しで30日間滞在することができます。滞在期限までに出国 …

バンコクに移住、どこに住む?

バンコクに移住して1年3ヶ月になります。 昨年の8月以来、スクンビット通り沿い、BTSオンヌット駅近くに住んでいます。 ロングステイヤーがバンコクでどこに住んだらいいか?という疑問に対して、僕なりの回 …

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kaigai55com@gmail.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

180人の購読者に加わりましょう