海外 旅暮らし

PT(Permanent Traveler)として海外・国内とわず旅暮らしを実践していきます。

その他 ライフスタイル

バンコクで出会ったとんでも日本人 その1

投稿日:

僕がバンコクで出会ったとんでもない人たちをシリーズ(全3回)でご紹介しましょう。

まずはAさん。この方はLINEでグループを作っていて、最近もバンコク掲示板などで「タイ在住者限定のラインによる交流&情報交換グループ員募集」って書き込みを定期的に行っています。

そのグループLINEでは、あまり重要な話題は少なく、単なる雑談の場。しかもちょっと書き込みが少なくなると、寂しそうな仕草のスタンプを送ってきたり、「今日は土曜日ですが、皆さんデートで忙しいんですかねー?」、「みなさん、今晩は(アメリカの)雇用統計発表ですよー」とかなんかうざったい。

そして昨年、オフ会にも参加しました。1回目はLINEグループ主催者のAさんが不在だったので、とっても平和裏に終了。2回目のオフ会はプラカノンの生レバー屋でした。その時には、Aさんの他、前回にも会った方やタイ人の方も参加していました。ちなみにAさんと僕はその時が初対面です。その時のオフ会は8名くらいの参加者でした。

昨年の年末あたりに、バンコクナビの掲示板にAさんがメンバー募集の書き込みをしたところ、makoto53という人に「あんた募集、しつこいよ!」と書かれたことが、発端となりまして、その書き込みした人間が、僕じゃないかと疑いを向けられました。

makoto53さんのマイナビ(現在はその元投稿は削除されている)

グループトークの中で突然、「ところで、オンヌットに詳しいこの”makoto53”って、実は@Makotoさんじゃないですか?
私以前のOFF会で何だか散々絡まれたし・・・
私は至って人当りはいい方なので、何故あんなに絡まれるのか理由が分かりませんでしたが・・・(苦笑) 」

違いますよと否定しても、本人は断定してかかってきて、聞く耳を持たない。しかもこんな書き込みまで。

「いずれにせよ、何故皆さんで楽しく飲んでるのに、いきなり怒鳴ったりする必要があるのか?
・・・というこですよ。」
「いいえ!私は怒鳴られましたけど?
こういうのはパワハラっていううんですかねー
パワハラした側は気づかないようですけど・・・
まあ、こういう水掛け論しても始まりません。」
「私は怒鳴り返したかったのですが、我慢しましたがね・・・」

初対面で、しかも主催者の方に怒鳴ったと言いがかりをつけられてしまいました。しかもこちらは入会したてでパワハラだと。パワーなんてありませんって。当然、グループトークは凍りつきました。

そして、直のLINEでAさんからグループを脱会してくれませんか?とメッセージが来たので、無視していたらグループLINEにこのような書き込みがありました。

「管理人より皆さんへ
直ラインで連絡取れない人は管理できないので、グループを辞めてもらうことになりますのでご了承願います。
くれぐれも、ブロックなどしないようにお願いしますm(__)m」

そしてその直後にLINEグループを強制脱会させられました。
またたいした情報もない、ただオフ会を1ヶ月に1回行うだけで、絶えずメンバー募集しないとジリ貧のくだらないグループでしたから実害はありませんでしたが…

こんな人間が管理しているグループは脱会してよかったです。最近はなんか名前を変えて、参加条件を厳しくして、依然募集しているみたいです。きっとなんらかのトラブルがあって、そうなったのだと思います。

-その他, ライフスタイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

バンコクで出会ったとんでも日本人 その3

お次はCさん、この方は移住仲間としても、「旅・食べ歩き、ときどきクッキング」の方でランチなどを何度もご一緒しました。 出会いは、Bさんの「バンコク暮らしの会」、そこで昨年11月に「もうすぐ移住予定です …

東南アジアで泡盛を作りたい

「ビールに続くセカンドドリンクはないのか?」 東南アジアの国々では、その気候からもビールが美味しく感じられます。しかしその次に続くお酒といえば、ウイスキーの水割り程度しか認知度がなく、しかも多くが輸入 …

no image

シニア海外ボランティアまたも不合格

昨日、2月16日はJICAのシニア海外ボランティア、2017年秋募集の結果発表日。 午前10時過ぎ、出先でスマホからサイトを除いてみると結果がでています。 どきどきしながら、自分の番号を探しますが、な …

no image

札幌 暮らし旅の終わり

前回、シニア海外ボランティアに落選した記事で、これからの予定として札幌から移動する旨を書きましたが、その話が具体化し北の大地を離れる時がきました。 先月の7月まではまさに北海道生活を満喫しまして、今月 …

no image

浜田省吾のニューアルバム

先日amazonで購入した浜田省吾のニューアルバム「Journey of a songwriter~旅するソングライター」を聴いている。全17曲、実にいいアルバムです。今週、オリコンチャートを1位獲得 …

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kaigai55com@gmail.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

178人の購読者に加わりましょう