海外 旅暮らし

PT(Permanent Traveler)として海外・国内とわず旅暮らしを実践していきます。

便利な情報 ライフスタイル

ムアントンタニでビザ無し滞在の期間延長を行う

投稿日:

現在、ビザなしでタイに滞在していますが、滞在期間は最長30日です。
元々は4月6日から日本に一時帰国予定で、滞在期限をクリアして、また入国することにより、さらに30日間の滞在許可を得るつもりでしたが、新型コロナウイルスの影響で、タイに再入国できそうにありません。

そこでイミグレに行って、タイ滞在中に1回だけ行使できる滞在期間延長の手続きに行ってきました。

ツイッターなどを見てみると、ヨーロッパの感染拡大で、飛行機が飛ばずタイに足止めされている人がたくさんいて、その人達がこぞってイミグレに殺到して、すごい混雑なんて書き込みがあります。そして先週の木曜日、3月25日からあまりの混雑のため、観光ビザの延長の人とTM30や90日レポートの人は、従来のチェーンワッタナではなく、ムアントンターニーのオフィスで更新を開始したというニュースがありました。

移動したばっかりならば、そんなに混雑はしていないだろうという読みで、先週の金曜日3月26日に滞在期間延長手続きに行って来ましたので、その内容をご報告いたします。

ツイッターで調べたところ、正しいと思しき情報がありました。

ムアントンタニといえば、大きな展示場のインパクト・ムアントンタニが有名です。ツイッターやイミグレ情報だと、新しいオフィスは、そのインパクトアリーナのちょっと北側で、歩いても行けそうです。なので、アヌサワリーから166番のムアントンタニ行きのバスに乗り込みました。

166番のバスは2系統あって、ムアントンタニ行きとガバメント・コンプレックス行きがあります。ガバメントコンプレックス行きは、行先表示板が白いので、そちらに乗ってしまってはいけません。ただしチェーンワッタナのイミグレに行きたい時には、建物の目の前が終点なので、非常に便利なのです。

これは白札のガバメントコンプレックス行きなので乗ってはダメです。
赤札のパークレット・ムアントンタニとタイ語で書かれているやつにご乗車下さい。

バスがムアントンタニのどちらまで行くのか、ちょっとわからなかったのですが、VIA BUSアプリで調べてみると、オフィスのすぐ側まで行くみたいです。終点まで乗ってみました。

終点のバスターミナルです

終点まで行って、道の反対側を見ると大きなビルがあって、行列も見えます。きっとそこだろうと思うのですが、入り口がありません。ちょっと西の方に歩いて行きまして、門みたいなものがあるのですが施錠されていて入れません。(乗り越える勇気があればショートカット大成功です)

そこでぐるっと大回りして、入場しました。バス停から徒歩15分程度かかりました。
青線の起点がバスターミナルで、この行程を歩きました。


7:45
TM7の申請用紙やパスポート顔写真のページと入国スタンプのページ、そして写真は準備してありましたので、行列の後ろに並びます。

8:20
そして少しずつ移動していき、20人ずつ建物の中に入りました。まずは3階のスペースのイスに座って待ちます。


9:00
その後、案内されて2階に移動しました。20人が縦に座り、横には9-10列のイスがあります。

9:45
整理券を渡されました。おそらく朝から193番目なのでしょう。
案内も20人単位で行われています。待っている間に体温チェックがあり、問題ない人は緑のシールが服に貼られます。

10:45-11:00
1階に移動します。写真撮ろうとしたら怒られましたので、外からのもの。
こちらでまず書類のチェック、そして手数料1900バーツの支払いを行って、整理券の1枚をパスポートにテープで固定して、外で待てとのことです。

11:05
待ち合わせ場所は、ソーシャルディスタンスを意識した格好いい感じだったのですが、待機場所はもうカオスでごちゃごちゃ。出来上がり次第、整理券番号を呼んで渡していきます。僕が外に出たときには、まだ83番とかを呼んでいたのでかなり時間がかりそうです。

13:15
いつの間にか受け渡し場所は、建物の出口から1階の青空スペースに変わりました。

そして整理券番号を呼ばれて、パスポートを受け取りました。5時間30分かかったことになります。
これで5月7日まで滞在できることになりました。やれやれです。

ただブログとツイッターに新しいイミグレに行ってもいないくせに、偉そうにムアントンタニのイミグレについて書いているやつがいますから要注意です。
たとえばこいつ。

そいつはアクセスについて、インパクトの裏まで行ってくれとタクシーに頼めとか、バスでインパクトまで行って、バイタクに乗れなんて書いてありますが、このご時勢、インパクトは全閉鎖されています。バイタクやタクシーなんて待っていませんって。

-便利な情報, ライフスタイル

執筆者:


  1. […] 1回だけ許される、30日間の滞在許可延長をイミグレーションに赴き、27日の金曜日に取得してきました。これで滞在許可は30日間延長され、5月7日までとなりました。→ こちらの記事参照 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東南アジアで泡盛を作りたい

「ビールに続くセカンドドリンクはないのか?」 東南アジアの国々では、その気候からもビールが美味しく感じられます。しかしその次に続くお酒といえば、ウイスキーの水割り程度しか認知度がなく、しかも多くが輸入 …

愛奴のアルバムも購入予約する

先日、10年振りの浜田省吾の新譜を予約した記事を書きましたが、それに関連して。 浜田省吾のニューアルバム Journey of a Songwriter 浜田省吾がソロデビューを果たす前に愛奴というバ …

no image

これからの予定

2017年春・秋のJICAのシニア海外ボランティアに2回続けて不選考となりました。 そこで従来からの予定通り、タイに移住を計画しています。 2月に不合格が判明した後、腹が立つのですぐ行ってやろうかとも …

no image

シニア海外ボランティア 2017年秋募集に応募する

8月に落選して残念だったJICAのシニア海外ボランティア 9月29日から2017年の秋募集が始まりました。年に2回の募集で、TVのコマーシャルや交通広告がうたれています。 9月22日に札幌市の地下歩行 …

no image

バンコクで出会ったとんでも日本人 その3

お次はCさん、この方は移住仲間としても、「旅・食べ歩き、ときどきクッキング」の方でランチなどを何度もご一緒しました。 出会いは、Bさんの「バンコク暮らしの会」、そこで昨年11月に「もうすぐ移住予定です …

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kaigai55com@gmail.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

180人の購読者に加わりましょう