海外 旅暮らし

PT(Permanent Traveler)として海外・国内とわず旅暮らしを実践していきます。

便利な情報

JAL、燃油サーチャージの計算方法を改悪

投稿日:2015年2月9日 更新日:

先日、燃油サーチャージが下落方向という記事を書きましたが、
2015年4月1日から2016年3月31日までの燃油サーチャージ価格表をJAL 日本航空が発表しました。
これまで燃油サーチャージは、シンガポールケロシン価格を元にドルベースで決めていましたが、今回突然なんと円ベースに変更しました!


つまり、ケロシン価格が下がっても円安になれば燃油サーチャージはそんなに下がらない。
ケロシン価格が落ちついていても円安になれば燃油サーチャージは上がることになります。

同時にJAL 日本航空は、2015年4月1日から2015年5月31日までの燃油サーチャージの値下げを発表。
具体的には、いずれも片道で、日本と北米やヨーロッパなどを結ぶ路線は、今と比べて14,000円が10,500円に、タイやシンガポールなどを結ぶ路線は6,500円が4,500円に、中国や香港などを結ぶ路線は3,500円が2,500円に、韓国を結ぶ路線は半額の500円になります。

円高の時には、ドル建てでシンガポールケロシンの価格で計算を行い、高額な燃油サーチャージをぶんどっていました。そして円安になったら今度は円建てでルールを変える日本航空。かなり姑息です。これはANA 全日空も追随するに違いありません。航空会社にとってはより多くのサーチャージを徴収できるからです。

今までのルールならば日本と北米やヨーロッパなどを結ぶ路線は、片道7,000円になるはずだったのに、円安のせいで10,500円までしか下がりませんでした。サーチャージが無料になるには、シンガポールケロシンが1バレル6000円未満になったときです。現在の価格は、8500円(72ドル)ですので、その日は遠のいてしまいました。もしかしたら永遠に来ないかもしれません。ひどい話だな~。

-便利な情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイを離れようと思う

先日、移住のメリットについての記事を書きましたが、タイに移住して1年間半になります。先日、2020年1月28日にロングステイビザの期限を迎えましたが、あえて更新しませんでした。お酒ビジネスのからみもあ …

no image

2ヶ月ぶりに日本に帰国する

先日、日本に一時帰国しました。ANAのマイレージでの航空券を手配いたしました。スタアラ特典なので、目的地の他にもう一箇所ストップオーバーできます。 そこでこのような日程を建てました。このような日程で、 …

ムアントンタニでビザ無し滞在の期間延長を行う

現在、ビザなしでタイに滞在していますが、滞在期間は最長30日です。 元々は4月6日から日本に一時帰国予定で、滞在期限をクリアして、また入国することにより、さらに30日間の滞在許可を得るつもりでしたが、 …

no image

Excelで為替データ取り込みシートを作成する

みなさんは海外資産の評価についてどのように行っていますか? 僕は外貨建て資産などについては、マイクロソフトのExcelで、現在の為替レートを使用して円換算やドル換算などを計算できるようなワークシートを …

no image

大人の休日倶楽部パスを買い、えきねっとで予約する

先日、在職中にJR東日本の発行している大人の休日倶楽部ミドルというクレジットカードを入手しました。 もちろんSUICA機能もついているので、東急TOP-JMBのPASMOを乗り換えることもあるのですが …

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kaigai55com@gmail.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

180人の購読者に加わりましょう