海外 旅暮らし

PT(Permanent Traveler)として海外・国内とわず旅暮らしを実践していきます。

海外不動産

ラップラオ地区を散策する

投稿日:2015年2月18日 更新日:

バンコクで滞在する時には、スクンビット地区に宿泊するのがほとんどですが、ラップラオ地区は地下鉄も開業して便利そうです。

そこでそのあたりがどんな感じか散策して、ロングステイに適切な場所かどうかチェックしてきました。
地下鉄のラップラオ駅のラチャダピセーク寄りの出口です。


image

出口のところにはいきなりコンドミニアムが建築中でした。

image

ラップラオ通りの偶数側を下ります。すぐにラチャダピセーク通りとの大きな交差点があります。ここは歩道橋を通らないと渡れず、年をとったら辛いね。

image

すごい造形のコンドミニアム。変です

image

新し目のコンドがあります。

image

さて今度は逆に奇数側をパホンヨーティン駅方面にあるきます。Ideoのコンドミニアム。

image

その他、いくつも高層コンドミニアムが建っています。ラップラオ駅前には日本食レストランもありました。

image
image

ラップラオ駅とパホンヨーティン駅の中間にこのような大きなスーパーマーケット Big C Extraがありました。買い物もバッチリ。

image

そのあとも両側にコンドミニアムがあります。他には車の修理工場がたくさんありました。

image

image

image

パホンヨーティン駅につきました。駅前にはたくさんの屋台がありました。

image

さて、ラップラオ駅周辺を歩いた結果、まずラップラオのラチャダピセークを越えたあたりから先は、駅へのアクセスが歩道橋経由となり不便。ラップラオ駅とパホンヨーティン駅間はもう車の交通量が激しく、空気も悪い。買い物はビッグCがあるけれども、そのほかの商店はあまりなく、住んでいて楽しいって感じではありません。

というわけで、僕的にはラップラオ周辺地区は却下となりました。

-海外不動産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オリジン社のプロジェクトを見学する

オリジン・プロパティ社のトロピカーナ Tropicanaというプロジェクト名のコンドミニアムの購入契約を結んでいますが、その建築状況ならびに他のプロジェクトを見学してきました。 指定された待ち合わせ場 …

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kaigai55com@gmail.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

180人の購読者に加わりましょう