海外 旅暮らし

PT(Permanent Traveler)として海外・国内とわず旅暮らしを実践していきます。

海外投資 海外ファンド

スタンダードライフのポートフォリオを見直す その3

投稿日:

スタンダードライフはスイッチングの手数料はかからず、BidとOfferの差額(買う時と売るときのスプレッド)もありません。ただし信託報酬が年0.20%から3.00%までファンドによりかかります。これのフィーがどのようなタイミングで課金されるのかが不明なため、現在保有していて、パフォーマンスのよいものは、なるべくそのままにするという方法で行うことにします。

パフォーマンスのよい債券ファンドの情報を集め、そのここ数年のパフォーマンスの数字、YTD(今年の累計)、3か月、1年、3年、5年の成績を、Excelシートに展開します。


キャプチャ

そして今年の夏相場のポートフォリオは以下のようにいたしました。

2015夏相場のポートフォリオ 青色はボンド(債券)ファンド

蓄積口座(継続積立あり)
【継続】BGF World Healthscience Fund グローバル・ヘルスケア株式
【継続】Pan European Property Equities Fund ヨーロッパ・不動産株式
【新規】BGF World Bond Fund  グローバル・国債
【新規】AllianceBernstein  Global Bond Portfolio グローバル・国債
【新規】Standard Life Investments Global SICAV European Corporate グローバル・欧州社債

初期口座(継続積立なし)
【継続】Franklin Templeton Investment Funds – Franklin India Fund インド株式
【継続】BGF Global Government Bond Fund グローバル・国債

現在の9種類から7種類に、ボンドファンドを中心にポートフォリオを組んでみました。
スイッチする金額は、7種類ほぼ均等に設定しました。ちなみにスイッチ完了するまで3ー4日かかります。
たまごさん、ご参考になりましたか?

-海外投資, 海外ファンド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタンダードライフで一部スイッチングを行う

先日、スタンダードライフのポートフォリオを夏相場対応で見直しました。 スタンダードライフのサイトで、それぞれのファンドのパフォーマンスを眺めていたら、なんか事前に情報収集していたパフォーマンスとは異な …

スタンダードライフのポートフォリオを見直す その1

先日の投資戦略フェアEXPO2015に参加したという記事で、夏相場・冬相場の話がありましたが、それに対応してラップ口座のポートフォリオを見直すことを考えました。 今月末からは株価が上がらない、夏相場が …

オリジン社のプロジェクトを見学する

オリジン・プロパティ社のトロピカーナ Tropicanaというプロジェクト名のコンドミニアムの購入契約を結んでいますが、その建築状況ならびに他のプロジェクトを見学してきました。 指定された待ち合わせ場 …

no image

Excelで為替データ取り込みシートを作成する

みなさんは海外資産の評価についてどのように行っていますか? 僕は外貨建て資産などについては、マイクロソフトのExcelで、現在の為替レートを使用して円換算やドル換算などを計算できるようなワークシートを …

スタンダードライフのポートフォリオを見直す その2

僕の毎月投資しているスタンダードライフのHarvest 101 Supremeという商品は、約300のファンドからポートフォリオを構成することができます。 それらのファクトシートや詳細なレポートは、ス …

カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ご訪問、ありがとうございます。 ご意見・メッセージ等はこちらまでお願いいたします。 kaigai55com@gmail.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

180人の購読者に加わりましょう